ITマネジメント資格の一つである「プロジェクトマネージャ資格試験(PM)」について


ITマネジメント資格の一つである「プロジェクトマネージャ資格試験(PM)」について
ITマネジメント資格の一つである「プロジェクトマネージャ資格試験(PM)」について紹介させていただきます。

1)先ず対象者像について紹介させていただきます。

情報システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画の作成そして要因などプロジェクトの実施に必要な資源の調達、プロジェクト体制の確立そして予算、納期、品質などの管理を行って、プロジェクトを計画通りに展開するものが本資格の対象者となります。

2)次は役割と業務について紹介させていただきます。

情報システム開発プロジェクトの責任者として、当該プロジェクトを計画、推進、管理する業務に勤め、以下のような役割を果たすことが目的となります。

T、個別システム化計画に基づいて、当該プロジェクトの実行計画をプロジェクト計画として作成するとともに、必要な資源を調達し、プロジェクト体制を確立します。

U、予算、納期、品質などを管理し、プロジェクトを円滑に運営します。進捗状況を把握し、問題や将来見込まれる課題を早期に把握・認識し、適切な対策・対応を実施することによって、プロジェクトの目的を達成します。

V、プロジェクトの上位責任者及び関係者に、適宜、プロジェクトの取組方針、進捗状況、課題と対応策などを報告し、支援・協力を得て、プロジェクトを円滑に推進します。

3)期待する技術水準について紹介させていただきます。

プロジェクトマネージャの業務を計画通りに実施するため、組織経営そして情報システム全般に関連する基本的な項目が分かっている上で、これからの幅広い知識、経験、実践能力などが要求されています。

T、システム化計画そして期待されているプロジェクトを正確に思って、実行可能なプロジェクト計画を立てます。

U、与件や制約条件の中には、プロジェクトの全体意識を統一し、プロジェクトの目標をちゃんと達成できるように努力をします。

V、人、資材、予算、納期そして品質などを予定通りに管理し、プロジェクトを日程通りに進めます。

W、プロジェクトの今までの進捗状況やこれからの課題をもっと早く把握するために、相応しいた対応を実施できます。

X、プロジェクトの計画そして実績を実際の状況に応じて分析そして評価します。また、その結果をプロジェクトの実際の運営にフィードバックできるし、ほかのプロジェクトの参考にもなると思います。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED