マイクロソフト認定技術資格者制度(MCP)


マイクロソフト認定技術資格者制度(MCP)
マイクロソフト認定技術者資格(MCP)というのはどんな資格ですか?

Microsoft認定技術資格者(MCP)というのは、Microsoft社の製品を実業務に活用させるという人を認定する一種の資格です。MCPはただステータスだけではなく、確かに役に立つ一番新しいスキルを身につけていて、応用することができる人に授与される資格であります。その資格は、システムエンジニア、ネットワークマネージャ、サポート技術者、システムインテグレータ、コンサルタント、プログラマ、トレーナーなど、様々な立場の方に役立ちます。

次ぎは、この資格を取得するには、試験対策になれる書籍を紹介いたします。

「Microsoft認定技術資格試験MCP/MCSA/MCSEラーニングBOOK―70‐270:インストール、設定と管理 マイクロソフト ウィンドースXP プロフェションナル編 (@ITハイブックス)  」

下記は商品に関する説明です。

1.書籍の内容概要紹介(「ブック」Database から引用するものです)

本書は、「テストコード70‐270:インストール、設定と管理 マイクロソフト ウィンドースXP プロフェションナル」という試験を通過するために必要とされる知識に関して、「予想問題」、「解説」、「ポイント」、「キーワード」及び「正解」といった項目からなっているものです。とりわけ「ポイント」では、本番試験の注意点や、試験以外にも実際の構築と運用する時に役立つ情報を、いろんな角度から著作するように心がけました。また、解説部では、画面イメージや図を配置して、イメージを摑みやすいようにしました。

2、書籍の内容概略(「MARC」Database から引用するものです。)

本書は、Microsoft認定技術資格試験(テストコード:70-270)を対象にした問題集です。各章の初めには、試験トピックと出題傾向という内容を配置してあります。封入されているキーで専用エリアにアクセスできるインターネット連動型の書籍です。

3、著者に関する簡単な紹介 (「ブック著者紹介情報」から引用するものです)

森 美咲氏

1991年に、電気メーカーに入社しました。今や、インストラクターとして、マイクロソフトユニバーシティの講師を担当しています。MCSE資格(Microsoft 認定システムエンジニア)とMCT資格(Microsoft 認定トレーナー)を取得しました。

中山 浩太郎氏

1992年に、電気メーカーに入社しました。今や、インストラクターとして、マイクロソフトユニバーシティの講師を担当しています。MCSE資格(Microsoft 認定システムエンジニア)とMCT資格(Microsoft 認定トレーナー)を取得しました。

前述した情報はこの書籍が刊行された時に掲載されていたものです。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED