CISA(公認情報システム監査人)試験ガイドブック&問題集 [単行本(ソフトカバー)]


CISA(公認情報システム監査人)試験ガイドブック&問題集 [単行本(ソフトカバー)]
 CISA 資格試験勉強になる書籍の「CISA(公認情報システム監査人)テストガイドブック&問題集 [単行本(ソフトカバー)] 」について:

一、書籍内容概要

本書はアメリカの情報システムコントロール協会により認定される国際資格である CISA について紹介するものです。本書は、このCISA試験を通過した利点と学習方法を紹介しました。そのほかに、分野別の出題要点や学習に役立つ問題をまとめています。

二、著者について

株式会社であるU.S.エデュケーション・ネットワークで代表取締役を担当しています。CPAや、CIAなどのコースを行った経験があります。「目指せ!アメリカ公認会計士」「CIA(公認内部監査人)テスト重要ポイント&問題集」などといった書籍を書きました。

三、「ブック著者紹介情報」から引用する著者に関する簡単な紹介

三輪 豊明氏

株式会社であるU.S.エデュケーション・ネットワークで代表取締役を担当しています。大和證券事業法人部において、上場企業の資金運用ビジネスを担当した経験があります。そのあと、ユニデン会社に転職して、アメリカや中国、香港などの現地法人において経営マネージメントや、国際購買担当や、ユニデン香港取締役などを担当した経験があります。1995年に、アメリカ公認会計士(CPA)資格を獲得して、国際資格取得専門学校である「U.S.エデュケーション・ネットワーク」を設立しました。代表取締役社長兼主任講師をしているとともに、上場企業や米系投資銀行などからの依頼で、英米会計や投資分析についてのトレーニングも行っています。カリフォルニア州立大学イーストベイ校で講師と公認内部監査人(CIA)を担当しています。

前述した情報はこの書籍が刊行された当時に載っていました。

四、次ぎは本書を使った後のカスタマーレビューです。ご参考ください。

CISA資格の五つの分野の問題についての大体の出題傾向を把握するのに有利な演習問題をたくさん収録している書籍です。

受験の対策本としては、問題の数がちょっと少ないため、ISACAのレビューマニュアル及び問題集を追加する必要があると思います。ところが、本書は各分野のポイントをまとめてあります。それで、通勤電車の中や空いた短い時間で読むのに最適です。

この書籍を読んで、U.S.エデュケーションの無料コースも受けましたが、そこでもISACAの問題集を基にした演習問題をいくつかやりました。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED