CCENTの合格点、受験料金と参考書などについて


CCENTの合格点、受験料金と参考書などについて
CCENT資格の合格点、受験費用及び対策参考書などについて簡単に紹介いたします。

一、CCENT資格の合格点について:

CCENT資格試験は合格しにくいシスコの資格試験であるといわれますが、この合格点はどれくらいでしょうか?

CCENTの合格点に関しては、私の体験談や他の人の体験談を検索してみたところ、およそ八割であると思います。

満点1000点の中に、800点を得点するのはちょっと難しいですが、820点とか805点とかくらいを得点したいところです。

いずれにせよ、満点を得点しようと思う勢いで試験を受けに行かなければ、試験に合格するのはほとんど無理だと思います。

二、CCENT資格の受験費用について:

CCENT資格の受験費用は、15000円が必要です。

ちょっと分かりにくいですが、CCNA資格を取得するには、二つの方法があります。それぞれはCCNAを取得する方法と、ICND1とICND2を取得する方法です。このICND1は、CCENTのことに相当します。

そのため、ICND1を受験するのに必要な費用が、CCENT資格を受験する費用となります。

三、CCENT資格試験の参考書について:

「徹底攻略シスコ CCNA/CCENT 問題集[640-802J][640-822J][640-816J]対応 ICND1/ICND2」

多くの人気を集めている「徹底攻略 シスコ CCNA/CCENT教科書」の問題集がいよいよ登場しました!

本書は、大好評を受けている「徹底攻略 シスコ CCNA/CCENT教科書」の著者により編集される書き下ろし問題集です。

本書は、CCNA[640-802J]、ICND1[640-822J]及びICND2[640-816J]に対応している対策問題集です。CCNA資格の広汎な試験範囲に対応できるために、あわせて609問を豊かに収録しています。ネットワークに関する基礎知識を身につけている人が、確実に合格ラインに達する実力を身に付けられるような構成となっています。解説に関しては、分かりやすくて定評のある著者に一問一問丁寧に解説されています。そのため、着実に理解を深めることができます。巻末にはCCNA資格試験一回分に相当する総合問題が掲載してあります。試験直前の仕上げに一番適しています。CCENTに対応した問題には「CCENT資格」のマークがつけてあります。それで、CCENT資格試験を受けようとする人も十分に利用することができます。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED