MCASの 評価にかんして


MCASの 評価にかんして
MCASとは、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」がアップグレードされたもので、最新オフィスソフトのOffice2007やウインドウズビスタの発売に伴い新しくできた資格です。

今から摂取するなら、MCASとMOSはどちらの資格の方が就職で優遇されるのでしょうか。

Microsoft Certified Application Specialist(MCAS)は2003までのMicrosoft Office Specialistのスペシャリストレベルとエキスパートレベルの中間くらいのレベルです。

しかし、問題数が増えて、合格点が上がっているようで、合格しづらくなっているようです。MOSとかExcel上級とかの資格持ってる人に、色々質問されてた無資格者です。どちらでも勉強して対応できるような人の方が、資格を持ってる人より貴重です。

ただPC全般の特徴として、「使い方を知っていれば100倍早くなる」ような事もあるので、「こんな事ができるんだ」っていうのは事前に勉強しておいて損はないでしょう。事務レベルなら500円くらいの薄い本、社内でちょっとできるヤツと思われたいなら厚めの本1冊で事足ります。(ネット検索だけで全て事足りるかもしれませんが、知らない事を知るには本を買った方がラクです)

MOS試験の場合、模擬問題だけを繰り返し練習すれば本番の試験に合格できると思いますが、実際にはきちんとスキルを身に付けていない人が多いのです。「MOSなんかとても実務では何もできない」と言われている人も増えています。

まだMCASの悪評は聞こえてきませんが、勉強の仕方によっては同じことです。テキストを購入して、しっかり内容を理解したほうがいいと思います。問題集を購入したら、説明文をよく読んで、例題もきちんと解いてみてください。試験に合格することを目標にするのではなく、試験範囲の機能をきちんと理解して使えるようになることを目標に頑張ってください。

まだまだ新しい試験なので、これから取得する人の評価が試験の評価に繋がります。現状では質問者さんのように初心者から勉強して、試験に合格する人が実務でも実力を発揮してくれると、「MCASは使える試験だ」という評価が出てくるのでしょう。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED