CISA資格と資格の合格者について


CISA資格と資格の合格者について
1、CISAってどんな資格ですか?

ここでは、それについて簡単に紹介いたします。

CISA(公認情報システム監査人)は、情報システム監査、セキュリティ及びコントロールについての高度な知識、技能と経験を備えるプロフェッショナルとして、アメリカに本部がある情報システムコントロール協会(ISACA)により認定される国際的な資格です。CISA(公認情報システム監査人)は、情報システム監査についての専門家資格としては、世界で一番長い歴史があります。しかも、国際的に一番普及している資格です。

CISA(公認情報システム監査人)を取得した方は、情報システム監査のドメインだけでなく、IT、会計監査、コンサルティング、金融などそれぞれに異なる専門性を持っています。そのため、CISA(公認情報システム監査人)を取得した方が活躍する領域もとても幅広くなります。CISA(公認情報システム監査人)を取得するには、システム監査という広汎的なドメインを体系的に理解する非常に効率的な勉強方法があります。

CISA(公認情報システム監査人)を取得するための試験は、全世界で70カ国、十種類の言語で行われます。日本の場合は、東京、名古屋、大阪及び福岡で年に二回、六月と十二月に日本語での受験が行われます。人材市場では、監査法人、コンサルティング・ファームなどからのCISA(公認情報システム監査人)を取得した方に対する需要が急激に増加していることにしたがって、当資格を受験する人数も確かに多くなるそうです。

2、CISA(公認情報システム監査人)の優位性と CISA (公認情報システム監査人)の合格者の権利

日本においては、CISA(公認情報システム監査人)という資格の認知度はあまり高くありません。ところが、欧米の企業社会においては、当資格の認知はかなり高いといわれます。

確かにシステム監査の実務に従事しているには、資格の有無より長い経験を持っているかまたは実力を身につけているかといったほうがさらに大切です。しかし、この資格を取得したら、国際的な専門資格の称号を名刺に記載することができます。その点から見れば、やはりクライアントに対してある程度の信頼感を築くことができるかもしれませんね。それはCISA(公認情報システム監査人)の優位性であるといえます。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED