グローバルナレッジ、シスコの認定資格CCENT・CCNA取得eラーニング教材を発売


グローバルナレッジ、シスコの認定資格CCENT・CCNA取得eラーニング教材を発売
グローバルナレッジ、Cisco 社に認定されるCCENT資格とCCNA資格を取得するためのE-learning テキストが登場し始めます。

グローバル ナレッジ ネットワークにより開発された、Cisco Systems に認定されるCCENT認定資格とCCNA認定資格を取得するための、新しいE-learning テキスト「CCNA自主学習テキスト(前編)“ICND1 CCENT認定資格対応バージョン”」と「CCNA自主学習テキスト(後編)“ICND2 対応バージョン”」との二冊教材は、五月から相次いで発売する予定です。

Cisco Systems 認定資格って、TCP/IPの基礎的な知識から、Cisco 社のルータやスイッチを使用したNetwork のデザイン、構築、トラブルシューティングの知識まで、広汎的な Network の知識を体系的に評価する資格体系です。「CCENT資格」と「CCNA資格」はCisco 認定資格の基礎資格です。今回発売予定のテキストはこの二つの認定資格に対応する E-learning テキストです。

CCENTというのは、LAN、WAN、TCP/IPの基礎的な知識の上に、一つ以上のswitch、WAN接続を含む小規模Network、基本的なセキュリティ対策などの知識を身につけていることを証明する資格です。CCNA資格は、中規模の事業所ネットワークを実現するための知識のほかに、CCENT資格と比較してもっと高度なNetworkの導入、運用及びトラブルシューティングなどを行う能力を身につけていることを証明する資格です。一番新しい資格の場合は、IPv6、Switch へのセキュリティ機能の実装、無線LANの基本概念とVPNの基本概念などが追加されました。

「CCNA自主学習テキスト(前編)“ICND1 CCENT認定資格対応バージョン”」はICND パート1コースの準拠です。そのテキストにより、CCENT資格を取得するのに必要とされるNetwork に関する基礎知識と、Cisco IOSの Operation や様々な設定の基礎を習得することができます。

「CCNA自主学習テキスト(後編)“ICND2 対応バージョン”」はICND パート2コース準拠です。このテキストにより、小規模や中規模のマルチプロトコルネットワークを構築するための基本的な考え方や、Cisco社ルータ、switchの操作方法に関して学習するだけでなく、実習により、Cisco社ルータとSwitch の基本的な設定方法を習得することができます。

グローバルナレッジのE-learning は、CD-ROM版またはASP版が提供され、Classroom Trainning(集合研修)と同じ、Cisco社認定トレーナーにより実施されていた講義をまとめていたものです。これにより、音声と資料画面を見ながら自分の学習能力に合わせて学ぶことができます。それだけでなく、ケーススタディに基づく演習デモを数回も体験することができる実習、確認テストとメンタリングサービスを使って講師を訊ねることができる(CD-ROM版だけ)といったサービスが提供されています。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED