MCASの勉強方法について


MCASの勉強方法について
MCAS(Office2007の試験)勉強方法について、少しまとめてみたいと思います。

それを語る前に、まずOffice製品は異なるVersionにより、機能に差があることをはっきりしておきたいと思います。新しいVersionほど、機能がアップされるのは常識で、特にOffice2003とOffice2007において、操作性が大きく変わっています。

2007からはインターフェイスに「リボン」という概念を加わりました。これは、今選択して操作しようとしている機能に対して、選択可能な機能が選べるようになったものです。慣れないうちは違和感がありますが、慣れてくると、選択肢が限られたため、大分楽になります。これは2003を使い慣れた人よりも、初めから2007を勉強した人のほうが抵抗なく習得できると思います。

しかし、2003の使用感にこだわっていては始まらないから、これからは2007準拠の時代になりますので、思い切って勉強し直すチャンスです。

さて、前置きが長くなってしまいました。そろそろ本題に入りましょう。今回の勉強方法ですが、Word、Excel、PowerPointの3科目は以下のような手順を沿って進みました。

1.各製品のセミナーテキストの基礎編を学習します。

2.各製品のセミナーテキストの上級応用編を学習します。

3.MCAS試験の模擬試験問題集1をやります。

4.MCAS試験の模擬試験問題集2をやります。

「セミナーテキスト」とは、Microsoft社の公認で出版されたテキストのことを言います。Office製品セミナーの標準教材として使われるものです。複数の出版社から発売されていますので、本屋で購入することができます。私はFOM出版のものを一式揃いました。

講習会で効率よく説明するために、ページの至る所にショートカットなどの注釈が付いていて、非常に分かりやすいのです。試験範囲も漏れなく網羅していますので、独学する人にはありがたい教材です。

模擬試験問題集も同じくFOM出版のものを購入しました。CD-ROMがついていて、実際の試験と同じ感覚で問題を解くのが体験できます。

資格を取るかどうかを別にして、テキストを読み、問題集を解く過程は、かなり実務にも役立つ勉強プロセスであることを実感しました。2003を熟知している人なら、模擬試験問題集だけをやれば、充分な試験対策になると思います。

複数の出版社から似たような教材や問題集を出していますが、独学の場合は、私はFOM出版のものを強くお勧めします。これは個人感想に限らず、周りの評判とも一致するアドバイスです。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED