ITパスポートの資格試験について


ITパスポートの資格試験について
ITパスポート資格試験とは、独立行政法人「情報処理技術者試験センター」が主催する国家試験です。職業人が共通に備えておきたいIT関連の基礎知識を測定し、それらを活用できる人材を育つことを目的とした試験です。合格すると、企業活動にとって必要不可欠な経営全般、IT管理、IT技術について、幅広い基礎知識を持っていることが証明されます。

受験資格は特にありません。

試験日は年2回、春期は4月の第3日曜日、秋期は10月の第3日曜日と定められております。申込みは春期は1月中旬〜2月中旬、秋期は7月中旬〜8月中旬です。合格発表は春期が5月下旬、秋期は11月中旬です。

全国各地に試験会場が設置されています。一回の受験料は5,100円です。

試験時間は165分です。全100問で、出題形式は四肢択一問題です。4つの解答群から正しいと思うものを1つ選び、マークシートをつぶして行きます。

100問の内訳:

1.小問形式(1問の中に1つの設問がある試験問題):88問

2.中間形式(1問の中に4つの設問がある試験問題、1つの状況設定に対し、複数の視点から知識と理解程度が問われます):12問

今現在日本全国の合格率は平成21年秋期試験は50.7%、平成22年春期試験は42.3%を記録しています。合格ラインは1000点満点で、総合得点は600点以上となっています。なお、分野別の正解率は30%以上である必要があります。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED