ITIL v3 ブリッジ試験の概要


ITIL v3 ブリッジ試験の概要
BMC ソフトウェアのITIL ファンデーション V3ブリッジ試験をめぐるコースは、この一日の集中コースで、新しくリリースされたITILバージョン3の一部分として商業要件に適応させるためのサービス管理のライフサイクルについて学習します。このブリッジコースは、ITILのバージョン2前のITファンデーション認定資格者がITIL V3ファンデーション認定と似ている知識を身に付けるように設立されました。

一方、この授業を受ける人にとって、これからITIL V3 中級レベルの能力をよく把握することに役立ちます。つまり重要なITIL V3 ファンデーション認定資格も考慮の内容に含まれています。ちなみに、ITIL バージョン3は、サービスストラテジ、サービスデザイン、サービストランジション、サービスオペレーション、継続的サービス改良という五つの分野が含まれています。

この五つの分野はサービスライフサイクル・フレームワークの中核となっています。特別な需要を満足するためのビジネス価値の創出や、ROI、ITを実践するために能力を十分に発揮し、ビジネスの成長に大きく力を注ぎます。

相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED