CCENTの勉強日記について紹介します


CCENTの勉強日記について紹介します
先月末には、旧「CCNA」に当たって砕けたわけですが、心機一転「CCENT」からリベンジしようと情報収集し始めました。

ところが新型試験についての情報がほとんど出ていないので、勉強をしようとしても正直に言いますと結構難しいです。まあまだ旧型が受けれる時期にわざわざ新型を受けるような猛者というか、もの好きがいなかっただけなんでしょう。

それでもネットや関連書籍から色々な資料を調べてみて、情報収集を少しできました。旧型試験を受けてた頃は気づきませんしたが、ここのスタッフの方をはじめとして他所でも人柱のように802やCIND1、2を実際に受けて報告してくれてるところもあったりと、心から感謝しております。

以下、私なりに「CCENT(640-822 ICND1)」について絞って纏めてみました。ご参考になれば幸いだと思いますが。

1)旧型CCNAよりも問題自体の難易度はある程度下がったような感じがします。

2)旧型CCNAよりも広く、浅い知識を問われる感じがします。

3)IPアドレス〜サブネット計算などがかなり多いようです。

4)特にトラブルシューティングが数多くて、そのあたりについて特別な練習が必要です。

5)showコマンドの表示結果などから読み取る問題があります。

6)解くにかなり時間がかかる問題は旧型CCNAより多くなった傾向が見られます。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED