MOS(MOUS)の資格レベル・受験者数・合格率を紹介します。


MOS(MOUS)の資格レベル・受験者数・合格率を紹介します。
MOS(MOUS)検定とは、エクセルやワードなどのマイクロソフト製品の使用スキルを証明できる資格です

パソコンを使用している方なら「ワード【Word】」や「エクセル【Excel】」を知らない人はいないでしょう。企業も同じくマイクロソフト社のオフィス製品を利用しているのが現状です。

こちらでは、ワード(word)とエクセル(excel)の資格 MOS検定試験関連の情報をお知らせしています。ここでの情報提供はMOS検定受験生徒さんの無用な心配や無駄な努力を軽減させ、出来るだけ効率よく目的を達成していただくことを趣旨としています。

MOS検定の受験者数は、だんだん増加している傾向があります。(日本国内には累計受験者数は約250万人を超えました[2010.2月現在])その人気と注目度は非常に高いです。試験科目はそれぞれ5つあります。

MOS検定は受験資格に関わらずどの試験科目でも自由に受験することができます。それぞれ科目ごとに独立した試験なので、資格取得の目的や必要性に応じて受験科目を選べることができます。

ところが、「Office 2000」の検定試験は、2006年6月30日(金)をもって終了していることはご注意ください。

MOS検定試験の合格率について

ワードとかエクセルなど科目ごとには分かりませんがマイクロソフト社の公式発表では、2005年の合格率は89%でした。レベル調整をしているためか過去の実績から見ても合格率は安定しています。ここから見れば合格率はとても高いですね。ですから、市販のテキストや問題集が充実していることを考慮すると、独学でも十分合格は狙えます。

相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED