転職や就職に有利な資格として注目されているMOUS


転職や就職に有利な資格として注目されているMOUS
MOUS認定資格は転職や就職に非常に有利な資格として、たくさんの注目を博しています。

では、この資格について簡単に紹介いたしましょう!

「MOUS」は、Microsoft Office User Specialistの頭文字を取ったものです。

この名称から分かる通り、MOUSは、MicrosoftがOffice 製品(ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルック)をどれぐらい使いこなすか、機能を知っているか、という能力を証明する資格認定制度です。

MOUS認定資格に関する紹介は、転職情報雑誌だけでなく、経営者向けの専門雑誌や、ファッション雑誌の特集など様々な雑誌に掲載されています。

そのほかに、以前は公的な資格を薦めていたハローワーク及び職業訓練校就職支援の施設もMOUS認定資格を取得しようと薦めるようになってきました。

ある統計では、企業側が従業員に取得してほしい資格のランキングで、このMOUS認定資格はIT(パソコン関連)部門の二番目に位置しています。

好き嫌いはとりあえず別にして、現在では、コンピュータを利用しなければ、仕事が進められないといった職場が増加し続けます。

そのほかに、各種類のコミュニケーション方式として、コンピュータは手離せばいけないものになっています。

せっかくだったら、自信を持ってコンピュータを使いこなしたいですよね。

実は、業務だけでなく、プライベートでもコンピュータを使用します。

一般には、コンピュータにワードやエクセルが設けられてあります。そのワードとエクセルは、多くの場面で役に立ってくれます。

そんなソフトを「宝の持ち腐れ」にすることなく、活かしてください!

MOUS認定資格の取得に向けて学習することに取り組むことにより、ワードやエクセルなどの機能を幅広く身につけることができます。

MOUS認定資格は企業における知名度がとても高いです。しかも、MOUS認定資格はビジネスシーンにおけるスキル証明です。それらのところから考えても、MOUS認定資格は就職や転職の必須資格と言っても過言ではありません。

自分自身ではコンピュータを使うことができない社長は、社員には使うことができる人を望むというのは、当たり前のことですよね。

それで、「コンピュータを使いこなすことができる」という証明であるMOUS認定資格を取得すれば、きっと貴方の仕事や業務には大きな役に立つと思います。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED