CCENT(ICND1) 合格体験記: CCENT(ICND1)合格、合格率不公開


CCENT(ICND1) 合格体験記: CCENT(ICND1)合格、合格率不公開
CCENT(ICND1) 合格体験記: CCENT(ICND1)資格試験に合格しました!

2008年8月31日に当試験を受けて合格しました。

一回目で試験を受けて、857点を得点しました。今回の合格率については良く知っていません。この試験の学習には大体一年間かかりました。

私は試験勉強に使った参考書はCisco Press CCNA ICND1でした。

この参考書は、Ping-t 新最強ウェブ問題集を数多くまとめて、分野によって、集中的に解答することができますので、特にお薦めします。

また、Ping-t, CCNAへの道 ITProというサイトを特にお薦めします。そのサイトでは、問題を解答することができます。

学習方法:

暇な時に、Ping-t 新最強ウェブ問題集をできるだけ解答しました。

もし間違った問題があれば、その問題をエクセルファイルなどにコピーして、完全に理解できるまで繰り返して読みました。そのようにすれば、確かにちょっと苦労ですが、合格するためにできるだけその解決方法を試してください。また、皆さんは別に何かいい方法があれば、教えてください。

試験の感想:

全ての問題は正解だったという感じではなかったので、ちょっと心配しましたが、基本問題はほとんど100%正解でしたので、試験に合格できるような気がしました。

これから受験する方へのアドバイス:

ICND1試験は、IP addressing&Subnetting、Wireless LAN、 ARP、セキュリテイの基本問題が繰り返して出題されるという印象がありましたので、難しい問題にこだわらなく基本問題を繰り返し解答して、正答率を上げるのが一番良いと思います。

新しい試験になってから、難しい内容が増加したので、無理をしないで、ICND1試験から受けたほうがいいと思います。

次回の目標:

次回は、ICND2やBSCM、ONT、ISCW及びCCNPなどの資格を取得することを目指して頑張ります。

相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED