VCP受験料金はピアソンで支払う


VCP受験料金はピアソンで支払う
Posts Tagged ‘VCP-410模擬試験’

VMware vcp-410問題集を提供して、一年中にお金を支払うことなくアップロードすることができます。

VMWare 認証を取得している前提条件は、必ずVCP-410-JPテストを通過したことです。VCP(VMware 認定プロフェッショナル)というのは、VMwareソリューションの導入・展開のためのスキルを身につけていることを認定することができる、世界で共通しているVMwareの資格のことを指します。

VCP認定テストは、VMware Infrastructure V3.5に対応するテスト(以下VCP3テスト)及びvSphere 4に対応するテスト(以下VCP4テスト)の二つのタイプがあります。しかし、VCP3テストは2010年3月末で終わりました。VCP4テストは、今のところ、ただ英語バージョンだけが準備されており、日本語バージョンは2010年1月に始まる予定でした。

VCP資格の受験料金は税込で23100円がかかります。受験料金はピアソンVUEまでにお支払いください。

テストコードは VCP410で、テストの名称は VMware Certified Professional on vSphere 4 です。このテストは当分英語だけで出題されています

testpassportはvcp-410日本版と英語版との両方を提供しております。TestPassPort 実践テストの VCP VCP410-JP は一番標準的なスキルを正しく書き入れ、認証した専門家たちと作者の出版した新しい製品だけを使います。これを使うことにより、必ず100パーセントVCP410-JP テストに合格することを保証しています。それで、VCP 証明書も手に入れることができます。専門認証の専門家たちは業界経験を利用して精確に合理的な VCP 認証を生産しています。ウェブサイトもしくは書籍から VCP410-JP 試験問題を獲得することができるかもしれません。ところが、論理は一番大切なところです。

相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED