VCP資格取得などについて


VCP資格取得などについて
技術支援体制の拡充では、仮想化環境の構築支援、トレーニング強化のために、VMwareの認定資格VCP資格保有者を現在の35人から今後1年以内に120人以上に拡大します。

VCP(VMware Certified Professional)というのは、VMwareの仮想化製品についてのナレッヂを問うVMware社の認定資格ということです。 VMwareの導入を担当されるSEの方、VMwarewoを活用したSI提案をするセールス・プロモーション担当の方向けに、VMware製品技術を証明するからますます注目されている資格になっています。VMWare VCP認証の取得は自分のレベルを証明うえに、就職のチャンスがもっと多いです。

VCP4試験の日本語化は2010年1月になります。これに伴い、年末までとしていたVCP4受験暫定措置を3月末まで延長します。VCP認定資格を取得したかったら、必須試験はVCP410です。VCP410試験を通した後、VCP410受験者は自身のレベルを証明することができます。そして、VCP3試験については2010年3月末で終わります。VCP4試験は、現在は英語の試験しかありませんが、日本版は2010年1月に始まるようです。

VCP資格取得ために

まず、必須コースを受講すること(スケジュールの75%以上を出席するべきです)

それから、VCP受験申し込み(ピアソンVUE社のテストセンターに申し込みます)

最後、資格取得(70%以上得点で合格します)


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED