PMP 資格の維持費用について


PMP 資格の維持費用について
この間、ある方とPMP維持費の問題について話しました。ご存知のように、PMP資格にはPDUが60あります、全部で少なくても12万円もかかります。研修などならその費用がさらに高くなります。では資格維持のためになんか安い方法はあるでしょうか。

PMI東京本部の情報(「PMP資格維持のために」)によると、以下の5つのカテゴリでPDUの申請できます。そしてそれぞれ善し悪しがありますから、個人情況によって選んだほうがいいと思います。

まずはカテゴリー1、つまり正式なアカデミック教育を受けることです。これは効果は別として、お金だけを考えるともうずいぶんかかると言われますけど、費用は一番高いです。

では安い方、カテゴリー2(玄人としての活動、および独学)および5(専門的組織などへのボランティア.サービス活動)を考えたらいかがでしょうか。中には2が一番お得ですが、同時に一番大変な方法でもあります。でも周囲のPMPホルダーは、執筆、講師など担当しながらPMP資格を維持している人も何人かいます。それに同じく資格を活かせる、一番実践的な方法として、カテゴリー5は相対に直接支払う金額は少ないです。他にPMI支部の活動でPDUも得られます。

さらにプログラムという方法もありますが、カテゴリ3はPMIのREP/PMIの支部やSIGが提供するプログラ、そして4はその他の教育提供機関が提供するプログラです。

他に、通信教育や各種のセミナー(プロジェクトマネジメント協会東京支部が主催するセミナー) などでPDUを得られます。セミナーは各種あり、終日、平日夜間、土日、都合のいいものを選ぶことができます。運があれば特恵価格で受けられます。例えばPMI東京フォーラムで、PMI東京支部の会員であれば、割引価格で受講できます。それに、個人感覚から話すと、PUFの平日夜間のセミナーは料金が安いと思います。

もう一つ、社員でしたら、上司に業務上のメリットと費用について詳細に説明して、相手を説得できれば、会社でPDUを得られる研修に行かせてもらうのも方法の一つですね。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED