ITILベースの統合運用管理ツールとは


ITILベースの統合運用管理ツールとは
現在では、ITサービスの運用マネージメントバイブル「ITIL」のITILファンデーション資格を保有している人数は、世界でもう30万人にも達しているといわれます。このような動きを受け、統合運用管理ツールのベンダー各社では、ITILが定義している運用プロセスを支援する機能強化に入手していて、ITILが目指す「ITサービス管理」を実現する新しいツールも相次いで登場しました。すなわち、統合運用管理ツールはITILソリューションとしての地位を確保しつつあります。そこで今回は、ここで、ITIL対応の統合運用管理ツールを中心に、その一番新しい事情を幅広く紹介いたします。

1、ITILベースの統合運用マネージメントツールというのは、一体何ですか?

統合運用管理ツールって、ジョブマネージメント、ネットワークマネージメント及びサーバマネージメントというITシステムが効率よく運用するのに威力を発揮している各種の管理ツールを一つにして、一元管理・監視ができるようになるツールです。

実際には、ベンダーによっては網羅している管理対象が違っています。それで、どこまでを網羅したら統合運用管理ツールと呼ぶべきかはまだ明らかではありません。でも、一般的には、必要な部分の運用管理ツールから個別に導入していくことが出来、最終的には、幾つかの管理対象を1つのコンソールで集中的に管理することにより、システム運用を大幅に省力化することが実現できる構造です。

2、ITILというのは、一体何ですか?

ITILって、ITシステムの運用マネージメントの現場で実際に適用して、効果をアップさせることができるアプローチを書籍にまとめたものです。そのコンテンツに関しては、イギリスOGCが管理していて、欧米ではすでにITサービスを提供する時のデファクトスタンダードになっています。ITILの書籍はITILの普及を推し進めることを目的として、設けられる団体「itSMF Japan」から着手することができます。

3、ITILのメリットについて簡単に紹介いたします。

1)ITサービスの品質を向上させることができます。

2)お客さまの満足度を向上させることができます。

3)ビジネスニーズに合致しているサービスを提供することができます。

4)コストに見合っているITサービスを提供することができます。

5)サービスの品質を継続的に向上させることができます。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED