IT業界必須の資格JavaのSJCPとSJCWCについて


IT業界必須の資格JavaのSJCPとSJCWCについて
今、IT業界でプログラマーとして身を固めたいなら、JavaのSJCPやSJCWCは必須資格の一種とされています。Java言語を精通するプログラマーは、現在注目度も市場需要も高まりつつあります。JavaのSJCPやSJCWC資格は、これからも活躍の場が更に広がる傾向が見せています。

Javaはネットワーク対応型のプログラミング言語です。しかも、システム開発の経験がゼロである初心者でも習得しやすい言語です。 本格的な光通信やxDSLを始めとする、高速かつ大容量のデータ通信が実現するネットワークサービス時代において、Javaは求められるネットへの親和性と交互性が高いこと、そして多岐にわたって用途やシステム対応の多様性が持つことなどから、活用の場がどんどん広がり、求人ニーズも高くなる一方のプログラム言語です。

Javaは携帯電話用のアプリケーションやゲームソフト、銀行ATM設備、クレジットビジネスなど、広範囲の分野で大いに活用されています。新規システム開発を行う場合は、業界TOPの市場占有率を誇っています。デバイスに制限されず、どんな環境にも対応できる汎用性の高さが買われています。IT業界を目指す方や役に立つスキルをしっかりと身につけたい方にとって、Java言語の関連資格は非常に強い味方と言えます。

JavaのSJCPやSJCWC資格を取得すると、システムエンジニア、ネットワークエンジニアなどITエンジニア系の職場の他、プログラマーとしても非常に多種多様のジャンルを自由に選べることができ、活躍可能な職種が非常に多いのです。

●SJCP資格について

SJCPとは、SUN MICRO SYSTEMS社が認定する「Sun Java認定資格」の1つで、Java言語に関する統括的な知識やJavaアプレットなどの開発知識に認定します。全部で8種類あるSun Java認定資格の中で、一番初級的なレベルとなっています。他のSunJava認定資格を取得するのは、このSJCP資格の保有は受験資格となります。Javaの道を進みたい方はまずクリアしなければならない入門コースです。SJCP資格を取得することで、Java言語の知識や開発関連の技術を有することが証明されます。

●SJCWC資格について

SJCWCとは、SUN MICRO SYSTEMS社が認定するJavaコンピューティングの基礎知識を修得完了者向けの試験です。SJCPから1つレベルアップした資格です。試験内容はシステム開発に不可欠なサーブレットの知識や、JSPといったプログラミング能力を包容しています。

相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED