CCNAパソコンスクール の授業方式


CCNAパソコンスクール の授業方式
CCNAパソコンスクールwaveの授業方式の移り変わりについて説明いたします。

個人の学習ペースに応じて、親切で丁寧な指導を受けて、そして知識や技術を直接的に身につけます。これを可能にするのがWAVEの授業方式です。

旧来方法の1、クラス制ライブ授業による授業形式



創業したばかりの時、WAVEは、上図のような普通のクラス制の授業形式で授業しました。しかし、この方式を使って講義をすれば、学生が正しくない操作をしていても、先生がそれをすぐ気づけることができなく、そのまま講義を進めてしまう、という欠点が存在しました。

要点:

先生が学生の前方に立って、講義をしていました。そのせいで、 学生の進行状況を把握することができませんでした。

授業が終わって初めて学生の習熟度が不均衡になってしまうことを気づけることがいつも起こりました。

旧来方法の2、 個別指導だけによる授業形式



上記の問題を解決するために、WAVEは机の配置を変更しました。このようにすれば、先生がタイムリー学生の進行状況を見ることができ、その場で学生に対して指導ができるようになりました。ところが、学生個人の理解能力に合わせた、きめ細かいフォローが実行しにくいことは相変わらず済まなかったです。

要点:

レイアウトの先生は学生の操作画面を見ながら個別に講義ができるようになりました。

学生個人の理解度に合わせて指導をすることが相変わらずできませんでした。

現在の方法の3、「オンデマンド」+「個別指導」の組み合わせによる授業形式



今まで欠点を改善するために、WAVEは独自のオンデマンド授業「PAL」を開発しました。人気先生の授業をそのまま教材化して、鮮明な画像で講義を完全表示しました。そのほかに、環境を調整することにより、学生一人ひとりに対してきめ細かいフォローもできるようになりました。今のWAVEでは、このPALにより、クラス制ライブ授業とクラス制個別指導をさらに改善して、業界においてもっとも先端の授業方式で授業しています。

要点:

学生一人ひとりの理解度に合わせた指導ができるようになりました。

スキルがすっかり身に付くまで、繰り返し学習することができるようになりました。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED