中小企業のためのITIL導入法についての紹介


中小企業のためのITIL導入法についての紹介
中小企業のためのITIL導入法についての紹介

ITサービス・マネジメントについてのベスト・プラクティスをまとめたITIL(Information Technology Infrastructure Library)は、いままで数多くの企業が業務効率の改善に役立ててきました。しかしながら、「大企業だけに使用する」というような固定観念のせいで、なかなかそれを導入することに踏み切れないでいる中小企業がかなりあるということも否定できない事実であります。ところが、中小企業であるからといって、ITILというものを導入するのに尻込みするわけではありません。実は、ITILそのものも、中小企業向けに編集されていた“縮小版”というのが出版されるなど、もっと小さい規模の企業を相手に、導入のしきい値を下げてきているところなのです。そうはいっても、ITILの“通常版”というものが大企業を主要な相手にしていることは、厳然たる事実であります。ですので、本稿においては、通常版を活かしてITILの導入を成功させた中小企業の実例を取り上げて、彼らがいったいどういうような視点からITILの導入に取り組んでいったのかというようなことについてご紹介させていただきたいと思っています。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED