ITIL バージョン1 と ITIL バージョン3について


ITIL バージョン1 と ITIL バージョン3について
ITIL バージョン1と ITIL バージョン3 について紹介いたします。

2006年から、日本ではITサービス管理への人気は人をびっくりさせるほど高くなっています。EXIN ジャパンの調査では、2008年7月まで、ITIL ファンデーション 資格を保有している人数は五万人ぐらいに達しました。2006年末まで、資格保有人数がただ二万人だけでした。そうなると、この一年半で、資格を取得した人は一倍以上増加しました。また、2008年末になったら、六万人ぐらいになるかもしれません。

ITIL 認定への人気は急スピードで向上していくとともに、どのようにして複雑になっている IT 環境をビジネスに役立てるか、IT をお荷物にしないにはどうしたらいいか、と悩んでいる人も多くいます。

2007年6月に、ITIL バージョン3 が itSMF に発表されました。新しく五冊の書籍が出版されました。それで、あたかも「新しい ITIL」であるらしいイメージでした。それらの書籍の日本語化は少し遅れました。でも、同年八月二十五日に最後の書籍を日本語化しました。そして、ようやく全部の書籍も日本語で読むことができるようになりました。それらの書籍は、itSMF ジャパン の ウェブサイトにおいて、手に入れることができます。

さて、ITIL認定のバージョンがアップし、書籍が日本語化されれば、ITIL 認定テストの勉強に専念している社内の情報サービス部の人々や意思決定者の人々、及びソリューションを提供している人々は下記のような疑いを抱えていました。

ITILバージョン2 はもう古くなりましたか?

ITIL バージョン3 にしなければいけませんか?

ようやく手に入れた ITIL バージョン2 の認定資格は役立たなくなりますか?

ITIL バージョン3 の資格を再び取得しなければなりませんか?

ITIL バージョン3 の認定テストを受けるためには、何を学習すればいいですか?

ITIL バージョン3 の資格スキームはどうなっていますか?

ITIL バージョン2 と ITIL バージョン3 とは何の違いがありますか?

ITIL バージョン3 の書籍がやっと全部日本語化されました。それで、これから ITIL バージョン3 を真面目に勉強しようと決心している方は多くいるはずです。また、ITIL バージョン2 と バージョン3 との違いについて散々悩んでいる方、これからの動向に興味がある方も少なくないかもしれません。

バージョン1と2の違いについて、今度具体的に説明させていただきます。

相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED