第5回 PMPの「品質・マネジメント」でプロセスを管理して品質保証します


第5回 PMPの「品質・マネジメント」でプロセスを管理して品質保証します
「品質管理」によりプロセスを管理して品質を保証しましょう。

プロジェクトが成功に至るには、プロジェクト推進についての正確な知識と、正しい判断と行動が必要です。それを実施するのはプロジェクト管理人です。ところが、プロジェクト管理が正確に実施されていないせいで、失敗することが少なくありません。それで、よくあるプロジェクトの失敗ケースを分析しながら、国際資格「PMP」のバイブルと言われる「PMBOKガイド」がプロジェクト成功のためにいかに役立てるかについて解説します。ぜひお役に立つと思いますので、読んでください。

現場で品質保証のための規則が守られなかったケースがたくさんあります。

プロジェクトは大勢の人が一緒に推進されます。それで、最終成果物の品質を確保するには、プロセスの手順や工程などの規則を決める必要があります。それで、決められた規則に従ってすれば、成功確率が高まります。

ところが、現場では、プロセスが進むうちに、人々がだんだんと自分の好きな仕方でやるようになってしまうケースが多いです。結局は、問題などが発生してしまいます。そうなると、たとえプロジェクトが無事終わったとしても、成功したと言えません。

どのように人々に規則をきちんと守られさせますか?

前述したようなことを予防するには、PMBOKガイドに掲載している「品質保証」がとても大切です。品質保証は、プロセスを管理して最終的に製品の品質を保証するという、言い換えれば、プロジェクトの開始する時や途中で決められた規則に遵って作業を推進するかを管理するというものです。品質保証をきちんと実行していけば、自然と最終成果物の品質も高くなります。

そのため、どのような手順や進め方でやるかという規則を決めること及びいかにその規則に遵ってプロジェクトを推進ていくかということは品質管理の要点だといえます。規則を決める時には、プロジェクト管理人は皆さんの理解、認可と支持を獲得する必要があります。規則があまりにも厳しすぎれば、規則がきちんと守られなくなるケースもたくさん存在していますので、その点にも気をつけてください。それで、規則を設定する原則としては、厳しすぎない上にしっかりしている必要があります。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED