CCNA資格取得についての問答


CCNA資格取得についての問答
質問者:

私は、ITサービスを生業にしている会社のリーダーをやっているものです。近年、ITサービスマンの就業が特に困難なこの不況の現実で、なんとか対応を考えています。ですから、面接に有益な「CCNA資格」を部下たちに取らせようと考えています。

私なら、いまいろいろと調査しておりますが、この世の中のほかの会社の人達が、社員にある資格を取らせるために、いったいどういう取り組みをしているのですか?それとも、それができている会社はありますか?

この話題について話し合いたく、話し合いさせていただきます。どのさまがいいアドバイスなどがありましたら、ご意見ちょうだいできたら大変助かると思います。

よろしくお願いします。

回答者:

どうも。

これは私の会社の例です。

わが社は電気通信工事業、電気工事業なのですが、近年とくにNetwork関係の仕事が多くなってきているので、社内の資格取得ではCCNAをその推薦資格のひとつに入れました。

ところで、その取り組みですが、CISCOのPCとルータでNetwork環境を作成し、各支社支店のおもたる技術者に2日間コースのネットワーク教育を行いました。(教材などは自社開発する)

この技術者の中ですぐれた人材には、とくにCCNAの取得を名指しで呼びかけています。受験資料のバックアップとして、シミュレータとPCテスト問題ツールを各支社支店に配布します。(教材などは個人購入としています。)

料金方面のバックアップは、報奨金として資格取得ときに1度分の受験費用と、3000円×24ヶ月の支給があります。

ITを主業としている会社ではないので、会社のかけ声とは裏腹にいまひとつ成果が出ていないのが現状なのです。CCNA取得の高額な受験料や高い難易度、また定期的な更新が必要などの制度も影響していると思われます。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED