MicroSoft社の認定資格でMOUS、MOSとMCASの区別について


MicroSoft社の認定資格でMOUS、MOSとMCASの区別について
質問:

MicroSoft社で行っているApplicationの認定資格で、MOUSやMOS、MCASなどと色んな呼び方がある見たいですね。これらの区別はどこにありますか?やはり最新のMCASは一番価値が高いのですか?ご存知の方、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

回答:

「MOUS」は「Microsoft Office Specilalist」の旧称です。現在はこの名前が殆ど使われておらず、「MOS」と呼ぶようになりました。

「MOS」はOfficeXPとOffice2003の試験ですが、「MCAS」の全称は「Microsoft Certified Application Specialist」といって、Office2007の試験です。

「MCAS」ほうが新しいですが、まだまだ世の中はOffice2003もしくはそれ以前のバージョンが主流になっていますから、知名度は「MOS」のほうが断然高いわけです。どこの会社に行っても、Office2007を使えるけど、Office2003を使えないと言ったら、まず通用しないでしょう。

では、即戦力になるために、「MOS」資格を取ったほうがいいのかと聞かれると、これもかなり迷いが生じる状況にあります。Office2003が古いバージョンとして、市場では既に入手困難になっています。ですから、好き嫌いとは関係なく、これからはOffice2007の天下になることが目に見えています。そんな時に、新しいバージョンが使える人がやはり重宝されると思います。

ということで、過渡期の今はOffice2003とOffice2007を両方使えるなら、一番理想的で、心強い限りです。これからの傾向を見えると、MCAS合格者の価値が少しずつ上がっていくことが確実でしょう。

従って、今質問者は2003と2007のどちらを使っているのか知りませんが、とりあえずお手持ちのバージョンから勉強を始めて、どれか一つ資格を取ればいいかと思います。

「MOS」や「MCAS」の資格試験はパソコンを使った実戦操作によって採点する試験です。2003と2007では、殆ど交換性がないほど、操作方法が大きく違っています。また、試験対策の模擬問題も該当バージョンのOfficeを使わないと、ちゃんと動作しません。

ですから、「MOS」を取りたいならOffice2003、「MCAS」を取りたいならOffice2007をそれぞれPCにインストールする必要があります。そいういう意味でも、まずはお手持ちのバージョンで受験することをお勧めします。

MCASの難易度はSpecialist LevelとExpart Levelの中間くらいということです。しかし、Excelの関数がかなり増えたので、Expart Levelよりも難しいかもしれないと思います。

相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED