CompTIA認定資格模擬試験について


CompTIA認定資格模擬試験について
1993年のPCの爆発的な普及に伴い、クライアント環境の運用管理業務を理解する人材が急激に不足するといった事態に対処するため、技術標準化を進めるノウハウを生かし、各社が集まり、「業務」に対する標準化を進め、個々人の「業務保証」のガイドラインを作成して「CompTIA A+」ができたのが始まりです。

CompTIA® (コンピューティング技術産業協会)は1982年に設立しました。IT業界内で各ITサービス業務の実務能力基準についての認定活動などを行っています。欧米を中心にして14箇所の拠点を持ち、102ヵ国22,000機関以上のメンバー企業(2007年4月まで)が参加しています。欧米のIT業界団体から世界へ活動を広げて、2000年に南米、2001年に日本、オーストラリアという拠点を増やしてます。

CompTIA 認定資格試験は、各サービス業務について、お客さん側の環境を理解し、もっとも適当な環境へ導く 「業務能力」を評価します。つまり、「お客さんの立場」 に立って、信頼できる人材を育てます。

※業務基準 : 業務の環境について問題を分析、またもっとも適当のために技術やスキルを優選し、活用する能力業務環境を理解し、技術やスキルを当てはめる能力です。

※CompTIA認定資格模擬試験は、毎日アール・プロメトリック、ピアソンVUEおよびNTTデータ テスティングサービスの認定試験センターで実施しています。全国に100ヵ所以上の試験センターで受験することができます。

受験の予約、スケジュール及び詳細について、ご質問があったら、各試験センターにお問い合わせください。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED