MCA模擬試験を利用する勉強方法


MCA模擬試験を利用する勉強方法
MCA模擬試験を利用する勉強方法

受験日:2006年2月4日

合格合否:合格

スコア:670点

合格ライン:560点

全問数:51問

学習時間:5日間

勉強形態:自主勉強

勉強前のレベル:実務経験を持ち

何回のチャレンジ:初回

「利用参考書」

翔泳社「MCA教科書データベース」(赤本)

「学習方法」

まずは赤本章ごとにキーワードに赤ペンを引きながら、一通り読んでました。それから、付属のi-studyの章ごとの章末問題を解いて、理解が足りないところを赤本を利用して確認しました。最後、i-study特訓モードの問題をもう一回回答してみました。

それで、i-studyのシミュレーションテスト問題にチャンレンジしてみました。間違えたところを赤本を利用して確認してから、i-study特訓モードの問題をもう一度やり込んでました。

上記の勉強方法で95%の正解率に達成するようになってから試験を受けました。

「テストの感想」

一通り回答してから、一回確認してピッタリの時間でした。テーブル等のグラフが多く出題され、結構時間がかかってしまうかもしれません。今まで受験した3科目(APL、PLT、DB)の中で、試験時間も少なく、ぼんやりとした問題が一番多かったように思いましたが、結果は比較的よい得点を出すことができました。

「受験者への意見」

付属のi-studyがとても便利でした。一定基礎を持っている方なら、赤本を勉強するだけでパスできると思います。

*付属i-studyで多岐選択なのに、1つしか選べない問題が1問ありました。

「次回挑戦」

これからは下記の三科目取得を目指して頑張ろうと思っています。

1.簿記3級 MCA Security

2.販売士3級

3.ビジネス実務法務検定

すこしシステム監査系に興味を持ち始めています。MCA Securityがいいキッカケになればと思います。

「その他」

SQL2000Serverはインストール程度で深くは使っていなかったのですが、勉強になりました。これをきっかけに実務でも創意工夫していければ一番だと思います。

皆さんの体験記がずいぶん参考になりまして、ありがとうございました。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED