ITIL Foundationの勉強法


ITIL Foundationの勉強法
ITILの勉強法

第一、本を購入します。

第二、購入した本を一度全部読みます。概要を取ることが大切です。試験そのものに概要の話はほとんど出てきませんけど、これから勉強するITILの概要を取ることで勉強の効率が上がります。たぶん「いろいろ良いwebサイトでも勉強できますよ」という意見がありますが、本を購入する原因について私は「常に空き時間(通勤や食事時など)にすぐ勉強できます。」と「目録で勉強量を調べられて、条目の整理にも便利です。」の二つがあると思います。

第三、購入した本に付属している模擬試験問題を解きます。最初は解いてみてます、たぶん大体解けないはずです。ITILファンデーションの選択式問題には、明らかに誤った選択肢がめったにありません。他の条目に出てくる内容あるいは単語であり、純粋に知識がないと解けません、つまり、知識さえあれば解けます。

第四、正しい問題を除外し、残りに該当する条目ページを再度読みます。今度は理解のため読んでください。重要点と難しい単語などに目印をつけて、覚えます。私はSLAなどに関するところを無理に覚えました。

第五、また模擬試験を解きます、成績がよくなりましたか?答えの覚えも含めて8割取れるまで三日ぐらい頑張ってください。

第六、webサイト無料ITインフラストラクチャ技術認定試験を受験します。第一回は不合格かもしれませんが、解説を読みながら何回もやってみましょう、合格ラインに届くまで続けます。

第七、ITILファンデーションの演習100に徹底的に試します。課金しない時もトライできますので、大丈夫です。この期間に何度も不得意なところに本を読み直して覚えます。

第八、最後の総復習です。三つのテストで練習してから、今まで8割を超える正解する状態を保ちます。

残りは試験です。

相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED