LPIC受験資格と受験者数


LPIC受験資格と受験者数
LPIC受験資格と受験者総量

「LPIC」は、全称「Linux Professional Institute Certification」、特定非営利活動法人のLPI-JAPANによって運営されているLinuxエンジニア向け認定テストです。LPI-Japanは2007年9月27日、全世界のLPICの受験者総数が、2007年8月現在で延べ15万人、日本国内で延べ8万人以上を達成したと発表しました。

LPICの特徴として、ベンダー・メーカーに依存しない「中立」な資格であること、「世界規模」で実施されており、「世界最大」のLinux技術者認定資格であることを挙げています。

LPICには様々な種類があります。例えば、ホスト向けのレベル1、サーバー向けのレベル2、エンタープライズ向けのレベル3の三段階など、各レベルごとに合格者を認定されます。各認定に対応する試験は、英語もしくは日本語で受験できます。レベル1とレベル2はそれぞれ2科目ずつの試験があり、両方にパスすることが認定取得者になる必須条件です。それに、下位の資格の認定に合格しなければ、上位レベルのテストを受験することはできません。

2007年1月よりレベル3認定テストは実施され始めました。レベル3の認定は、2種類存在しており、基本認定である「LPIC-3 Core」と専門認定である「LPIC-3 Specialty」によって構成されます。専門資格認定を目指したら、基本資格を取ることが先決条件になります。

上記の受験者数は、それぞれの科目の受験者の延べ人数となっており、実質的な受験者数は半分以下と見られます。国内での各レベルの認定者数は2007年8月末現在で、レベル1が約2万1700人、レベル2が約5100人、レベル3が約30人(基本資格と専門資格の延べ人数)となっています。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED