日本でのITIL という参考書について


日本でのITIL という参考書について
翻訳作業と同じように、企業が実現したいことをIT化するには一種の変換を図らなければいけないのだ。しかし、変換の過程には、いろいろな問題があり、企業側にとってはそんなに簡単なものではないと思われる。

こういう背景下に、ITILがようやく登場し、物事をIT化させることに役立っている。つまり、ITILの誕生は企業の数多くの失敗例をもとに実現してきたのだ。

では、ITILとはいったいどのようなものなのだろうか。ここで、ITILを考え方として思ってください。ITILに書かれるべき内容については、今は激しい議論になっているが、本を読まなければ、何もわからないので、とりあえず本を読んでください。しかし、バイブルのように読んではいけない。もっと実際的なものを考えて、自分の企業に適用できるものを取りあげて運用するとは一番ありがたいことだと思われる。例えば、コンサルティングや教育プログラムを提供するコースプロバイダに相談するとか。

ITILを導入したいという企業に、いくつかのアドバイスがあるのだ。ヘルプデスクから始めることもできるし、バラバラしたプログラムを整理することから始まるというのも大丈夫だ。ここで、本に書かれている導入例のことから始めるのはお勧めだ。また、コンサルティング会社から教育プログラムを受けるのも一つの手だ。

ITIl導入に失敗したケースはだいたい準備不足に原因がある。ITILは決して「万能参考書」ではないのだ。ITILを導入する前、責任者は現場レベルなどをしっかりと教育しなければ、結局、何も分からなくて失敗するのも考えられるはずだ。

日本でのITILと言えば、まだ日も浅く、教育フェーズにあるといっても過言ではない。幸いには、「Introduction for ITIL(ITIL入門)」という本の日本語版はすでに発売されて、読者たちはITILのことをもっと詳しく知られるようになることもできる。ITILのことを理解した以上、実際の導入を始めるということだ。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED