Cisco ccnp BCMSN Exercise booksとシナリオ問題について


Cisco ccnp BCMSN Exercise booksとシナリオ問題について
昨日で試験をパスしました。3年前にccnpテストをパスしましたが、改新テストのためにBCMSNテストを受けました。

最初の試験としてはずいぶん高いと思います。BCMSNテストは以前と違って、難しい試験だと思います。 そして以前の新版と違って、シナリオプロブレムが多くなります。VLAN、STP、冗長化Protocol、Port Security、QoS、Voice、Topologyに関連するプロブレムがたくさん出題されます。またShow commands and debug commandsのOutput結果についてのプロブレムがたくさん出題されます。

無線とかLWAPPについてのプロブレムは約一問があるかもしれません。

基礎を身につけないと、解答できないプロブレムが多くなリます。時間をかかったら、解答できるプロブレムですが、75分間で51問を解答しなければなりません。

Simulationは基本的な感じです。VLANについての「VLAN Routingの設定」と「VTP設定」についてのは難しくないです。設定途中でミスをするかもしれませんが、show commandを通じて確認すると、反応が確認できるから、プロブレムがないと思います。

試験対策と言うと、「Cisco ccnp BCMSN Exercise books」を使うだけではなく、「Cisco技術者認定公式Guide ccnp【BCMSN】編」も使いました。認定公式Guide は新たな出題傾向を知りたいために使います。反復してExercise booksをやりました。それ以外のExercise booksもあまり使わなかったです。

「Cisco ccnp BCMSN Exercise books」には詳しい解説があり、内容の理解にっとて効き目があります。

しかし、試験にはExercise booksのようなプロブレムだけではないので、基礎をよく身につけて、プロブレムを解答できるのは、テストを取得することに一番役立つと思います。

テストが本問題のLevelだと考えると、たぶんショックをしますが、「Cisco ccnp BCMSN Exercise books」にはプロブレムに対して詳しい解説がありますので、通覧して基礎に力を入れるとお勧めします。

最後言いたいのはExercise booksだけ手をつけてはだめです。基礎を押さえたほうがいいです。本問題には総合プロブレムがあったと思いますが、Debug commandsとHSRPの状態動きとか見てプロブレムを出題されるかもしれません。show commands and debug commandsとHSRPの基本動作などもよく理解して身につけたほうがいいです。

相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED