CISM・ CISA講座:受験時の注意


CISM・ CISA講座:受験時の注意
CISM・CISAの試験日がついに週末に迫ってきました。

CISM・CISA学び方に関しては以前記事にもしましたので、今回のCISM・CISA講座では受験時の注意したがることだけ書いております。

前には受験した経験がある方は、読まなくても結構です。

CISM・CISA試験の特徴と言うと、試験時間がとっても長いということです。

試験は4時間続くから、集中力を続かせるのがとても難しいです。

もちろん終わったら試験中には席を外せます。だけど、受験した時には2時間くらい席を外す方と4時間をいっぱい利用する方ともいるだと思います。

ですけど、以前の言った通り、CISM・CISAの試験には問題文の内容を読みにくいので、よく考えるならやはり4時間ぐらいは必要です。

それに、試験会場は受験生が沢山いて、空気もだんだん濁ってくるかもしれません。

この点、ほかの同じ長い時間の試験だって、CBTのCIA試験だとパソコンの台数分しか受験生を入れないので、そんなにぎゅう詰めになりません。

狭い教室には4時間も数十人がいるから、どれほど試験中に気分転換したくなります。

だけど、飲み物や食べ物は中に持ちこみことは禁止なので、のども潤えません。

唯一の救いとしたのがトイレのみだった。

トイレに行ったら即試験終了になる普通の試験とは違い、CISA試験においてはトイレの休憩が認められています。

ですから、1時間に1回トイレに行くことで気分転換しましょう。

トイレに行きたい気持ちがなくてもいいです。顔を洗って深呼吸してくるだけで気分転換になります。

こうして、次のペースを心がけました。

・1問が1分のうちに答える。

1問が1分のうちに答えれば、試験の全問が200分で終わらせます。

試験時間は240分(4時間)なので、200分で答えれば40分が残れます。

この残った時間を、1時間ごと10分間のトイレの休憩と、提出前にチェックする時間に振り向けます。

濁った空気の中にじっと座っていたまま、眠くなっちゃうんかもしれません。

これは当然4時間をいっぱい利用する方の配分方法なので、2時間ぐらい席を外す方は考える必要もない。

そして、試験当日なにがあるかはまだわからないので、念のためにくれぐれも7時30分には試験会場に着くようにしましょう。

もしわずかな開始時刻に遅れたせいで、受験できないのは残念でならない。

また、失敗しないように気をつけてください。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED