IT系資格試験について:資格の概略


IT系資格試験について:資格の概略
まず資格から解読しましょう。主催会社を問わず、自分が知っているすべての情報を紹介させていただきます。IT系の資格本当にいっぱいありますが、ここであげるいくつの資格試験はただ自分の愚見で整理されたものです。

CCNAの全称は:Cisco Certified Network Associateです。この資格は世界最大のネットワーク機器メーカーであるシスコシステムズ社の認められる資格です。CCNA資格を取得することで、ネットワーク構築と運用管理能力を証明することができます。そのため、CCNA取得は、IT業界、とりわけネットワーク業界で活躍するための大きなアドバンテージとなり、就職・転職においては価値のある武器となります。

CCNPの全称はCisco Certified Network Professionalです。この資格はCisco Systems社による技術者認定資格の一つで、大規模ネットワークやインターネットワークサービス運用に必要なシステムの構築・管理・運営ができる能力を認定する資格です。

LPICの全称はLinux Professional Institute Certificationです。この資格の注目度も需要も高いLinux技術者認定試験です。LPICの試験構成は、大きく分けるとレベル1(LPIC-1)、レベル2(LPIC-2)、レベル3(LPIC-3)の3つのレベルあり、レベル1から順に受験し合格しないとほかの各レベルの認定はされません。

MCAS資格試験はマイクロソフト社が主催された資格試験の一つです。この資格はインフォメーションワーカーを対象とした資格で、Word 2007、Excel 2007、PowerPoint 2007、Access 2007、Outlook 2007、Windows Vista など、エンドユーザー向けマイクロソフト製品が対象となっています。

MOT とは、Microsoft Office 製品に関する製品知識、実技スキルに関する試験に合格し、インストラクション スキル習得のためのプレゼンテーション トレーニングを受講後、マイクロソフトにより認定された方に贈られる称号です。

MCA資格はマイクロソフトのサーバー製品の入門資格であるとともに、一般的な IT 基礎知識を網羅できる資格です。「IT 理論」「製品技術」「ソリューション」を柱として、理論から実践までバランスのとれたスキルを証明します。

ICTマスターは、ICTスクールなどで習得したパソコンの知識を地域社会で役立てるためのマイクロソフト認定資格です。各地域のパソコンの先生、ICTスクールの先生として活躍していただくのはもちろん、ICTマスターにはもう 1 つの重要な役割が期待されています。

進化を続ける情報家電やモバイルツール、地デジなど、家庭に氾濫する ICT 関連技術とどのように付き合っていけば生活がより楽しくなるでしょうか?

ICTマスターには、これから ICT がますます発展していく中で、その技術や製品をどのように使っていったらいいのだろうと迷ってしまう人たちのアドバイザーになってほしいと考えています。

Microsoft Business Management Solutions 認定資格プログラム (Microsoft Business Management Solutions Certification Program: 略称 MBMS プログラム) は、個人が Microsoft Dynamics 製品に関して保有する高度な技術的知識を認定する資格制度です。MBMS プログラムはマイクロソフトのグローバル プログラムであり、どの国でどの言語の試験に合格しても、世界中で有効な資格として認められます。

相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED