CCIE の有効期限について


CCIE の有効期限について
CCIE 認定は2年ごとに再認定することが必要です。

有効なCCIE 認定資格は、専門家の業界能力を持っていることの証明で、大体の会社にとって、成功するために不可欠な資格となっております。CCIE 認定資格を取得する方は、必ず技術的な知識の向上を追求され、2年ごとに再認定テストを受けて、それに通過しなければなリません。もし一定の期間が終わるまでに再認定テストを通過しなければ、CCIE 認定は資格停止することになっています。そして、認定保持者と雇用主は専門家認定資格に関わる特別な待遇もなくなってしまいます。もし1年の間、CCIE 認定資格を回復できない場合、資格の効力もなくなって、全部の認定過程をやり直しなければなりません。

再認定の期限

再認定の期限は、いつでもオンラインの認証身分で確認することができます(ログイン要)。

その後、再認定の期限は、最終に再認定テストを受けた時ではありません、一般的に最初の認定日により決まります。

再認定の詳しいこと

CCIE 認定保有者はテスト資格の有効性を維持したいなら、2年ごとに、CCIE テスト、CCIE ラボテストの中、或いはCCDE テストのうち、一つのテストを通過しなくてはなりません。

CCIE 認定を通過すれば、そのほかの技術者認定たとえばCCNP や CCNA なども自然に変更されます。

テストを受ける人は、2年ごとに一つの筆記テストを通過すれば、再認定を受けられます。

もし筆記テストを再受験する場合、この前のテストから5 日間経過していることが必要です。

テストを受ける人は、個人の認定の有効期限をあらかじめ確かめたほうがいいと思います。それに応じて再認定の日程を確認しなさい。認定の有効期限までに CCIE の再認定条件が不満足時、CCIE 認定資格は1年間停止されることになります。テストを受ける人は、その期間が終わるまでに、必要な筆記テストを通過し、CCIE 認定を回復することが必要です。もし1年間の資格停止のあいだ再認定テストを通過しなければ、認定を獲得するために、CCIE 認定の全部の条件を再び満たしなくてはなりません(筆記テストとラボテストを通過することが必要です)。

テストを受ける人のプロファイルを正しく変更するために必ずもともとの認定テストで割り当てられた ID 番号を使用してください。どの ID 番号を使用すべきか不明な場合は、CCIE サポートにお問い合わせください。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED