PMP、Project+のリスクマネジメントについて


PMP、Project+のリスクマネジメントについて
こんにちは。

今日は皆さんに、PM(PMPなど)に関するリスクについてご説明させて頂きます。

現在、社会ではリスクマネジメントが存在すべきだと言われています。それは当然なことだと思います。大型会社であっても先行きが異様になるような社会状況ですから、リスクマネジメントを求めるのは当たり前の流れです。

PM(Project Management)におけるリスクにはマイナスのリスクとプラスのリスクに分けます。マイナスのリスクは、Projectの進行を邪魔するような作用があります。そして、プラスのリスクはProjectの進行をもっと早くするスピードアップのような作用があります。

リスクを事前にある程度予測した場合には、避ける方法がありますが、それぞれ回避、軽減、移転、受容など四つに分かれています。

●回避とは、リスクを回避することです。つまり、事前に予測ができるリスクは、遇わないようにすることです。例えば、怪しい者には注文を出さない等です。

●軽減とは、リスクを受け入れた場合、大きな障害を設置し、受けるリスクの影響を最小にすることです。

●移転は、別の相手にリスクの影響を被らせることです。つまり保険をかけて、リスクを受けるとダメージを第三者に移転します。

●受容とは、文字とおり、受け入れることです。受容は大きく二つに分かれています。何の対応もなくその受け入れることを「消極的受容」と言い、予測できるリスクに対して、できるだけ対応してから受け入れることを「積極的受容」と言います。

上の四つがリスク回避方法の詳しい説明です。どっちが一番効く方法かと言うと、場合によって違います。社会的状況や現在持っているリソース等の本質をはっきり捕らえて、一番相応しい方法を探し出します。それが一番良い方法です。

ご参考になれば、嬉しいです。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED