MOS(旧MOUS)の模擬試験


MOS(旧MOUS)の模擬試験
MOS(旧MOUS)という資格が今注目されています。また、その資格取得のための講座などでMOSの模擬試験も同じように注目されています。パソコンスクール(パソコン教室)で、絶対的な知名度と人気を誇る資格試験(検定)として「 Microsoft Office Specialist試験(MOS試験:旧MOUS) 」があります。

でも、MOSってどんな資格なのでしょう。いろいろ調べてみました。

MOSは、マイクロソフト社が、一般PCユーザーを対象として認定している日本最大規模の資格と言われています。またこの資格は、マイクロソフト社のワードやエクセルといったソフト、アプリケーションソフトと言いますが、そういったマイクロソフト社のMicrosoft Officeのアプリケーションソフトを使って、作業をいかに正しく効率的におこなえるかを判定する資格です。

Microsoft Office Specialist試験 のことを「MOS」、「MOS試験」、「MOS検定」と表現する場合があります。「Microsoft Office Specialist」の頭文字をとって「MOS」と表現するようですが、これは正式な名称ではありません。詳しくは「マイクロソフト オフィス スペシャリスト 公式サイト」をご覧ください。

Microsoft Office Specialist試験 のことを「MOUS」と表現する場合があります。これは、試験名称の「Microsoft Office User Specialist」を「MOUS」との略称で呼んでいたことによります。このサイト(1997年12月開設)の名前の由来でもあります。

試験方法:

Microsoft Officeのアプリケーションソフトを使って、要求された作業を確実に行えるかを判定します。

試験の形式はすべて実技試験で行われます。筆記試験は一切ありません。

主な試験会場はマイクロソフト オフィス スペシャリスト事務局が試験会場として認定した全国主要都市にあるパソコンスクールや専門学校などです。

受験資格:

受験資格は特にありません。

年齢・国籍を問わず、どなたでも受験できます。

試験当日に小学生以下の方は、保護者の同意が必要です。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED