CCDAの受験勉強中に気づいたこと


CCDAの受験勉強中に気づいたこと
CCDAとは、世界最大手のネットワーク機器メーカーCisco Systems社による技術者認定資格の一つです。中小規模のLAN・イントラネット・インターネット接続型ネットワークの設計・コンサルティングスキルが備わったSEを認定するための資格です。

私はこのほどCCDAの受験を受けることを決心しまして勉強を始めました。それに、受験勉強しているところに一つ気づいたことがあります。それは、CCDAで一般的な知識を問われる問題が少ないことです。

CCDAの受験内容にはCCNPと被る項目が多いです。例えば、LAN、WAN、IPアドレッシング、ルーティングプロトコル等はCCNPレベルであると思います。それから、セキュリティや音声通信、ネットワーク管理などはCCNPの内容に入っていませんので、新たに勉強する必要があります。

それに、CCDAの受験内容で一番大切なものはネットワーク設計の方法論に関する分野です。例を挙げてみると、「テストの手法」や「エンタ−ブライズ複合ネットワークモデル」などがあります。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED