おすすめのLPIC参考書


おすすめのLPIC参考書




本書は、LPI認定(LPIC)の受験参考書として、圧倒的な支持を集める『Linux教科書LPICレベル1』の最新版です。「LPICレベル1」資格を取得するのに必要な101試験(Linux一般1)と102試験(Linux一般2)の2科目に対応。"わかりやすい解説"、"力試しの練習問題"、"仕上げの模擬試験"の3ステップで学習することによって、非常に効果的に受験準備をすることができます。初学者でも勉強がしやすいよう、解説の内容や紙面構成にしているのも特徴です。

今回の改訂では、前版の刊行以来、出題されるようになった最新の試験問題を分析し、合格に必要な知識を追記しました。もちろん、新出題範囲に完全対応しています。業務でLinuxに携わっている方はもちろん、Linuxを触ったことはないという方まで、幅広い層にお勧めの1冊です。

利用者からはこういうコメントがあります。

「Linuxに触れたことのない人や、業務経験があっても 知識には少なからず偏りが発生するので、

それを整理する意味ではよい教科書です。 しかし、テスト対策という意味では足りないです。 本書で知識を組み立てた上で、黒本でさらに積み上げて欲しいです。それでも、掲載されていない問題はたくさん出るので、最後は動じないで挑んで欲しいです。」

「LinuxはUNIXと同様に、配布(ディストリビューション)によってシェルが違います。 シェルが類似のものであっても、個々のコマンドが違う場合があります。 LPIC試験のコマンドをさまざまなLinuxで叩いてみて、多くのLinuxで有効なコマンドが多いことを確認しました。 LPIC試験は、システム管理者の技能水準を確保するのに有効な試験だけでなく、試験に出るコマンドはどのシステムでも利用できるように保存してもらえる場合があるようです。 システムの安定化、利用性を確保するのに役立つという側面もあることがわかりました。 Linuxノシステム管理をするのなら、LPIC試験を受けるのがよいと思いました。 本書は必ずしも、過去問を網羅していないので、合格するためには、過去問を調べて徹底的にやる必要があります。 資格試験に受かることが目的なら、過去問を先にやり、わからないところがあれば、Linux本で調べるというのが良いと思われます。 資格試験で、過去問が公開されていない場合には、試験問題集は、3冊やらないと駄目だと教えられたことがあります。 もし、1冊でよいのなら、その本を出しているところが、試験問題を漏洩しているのかもしれないので、不正が行われている可能性があるとのことです。」

「本書は問題集ではなく、どちらかというと教科書的な位置づけになります。 0からの学習であればこの本を読み解き覚えるをベースとし、実機での確認で不足を補うことが必要です。そして、議事試験問題を解くことが最低限必要だと思われます。添付されているiStudy問題集は本書の確認程度の問題の為、実際の試験問題対策 としては不十分です。」


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED