it のベンダー資格の概要


it のベンダー資格の概要
ベンダー資格は、特定ベンダー製品の技術者育成やマーケティングを目的として、製品の詳細機能や運用、活用方法のスキルが問われる民間資格制度です。マイクロソフトのMOSやオラクルのOracleマスター、シスコのCCNAなどがあります。合格するためには、対象製品の機能や使い方を暗記しておく必要があり、試験方式はCBT(コンピュターベース・テスト)です。

ベンダー資格はエンタープライズ自身またはエンタープライズが出資した関連団体がテストと資格制度を主催と運営しており、受験者にいろいろな方面から認定する資格です。ある成績基準を満たした受験者に証明書の発行などを行います。一部ではあるが専門職・管理職向けなどとして位置づけられている上級資格では、複数の初級・中級の資格をあらかじめ取得していた事が受験資格となっているものも存在します。ベンダー資格は、現場での即戦力を証明する資格として捨てがたいものです。しかし、使う製品が別のベンダーに変われば、資格の効力も失われるのです。だからこそ、トップシェアを持つ製品の資格を持つべきなのですが、ITの進展が早いため、絶対大丈夫という製品はありえないと思ったほうがよいでしょう。

ときには、IT資格という言葉がこのベンダー資格のことを指している場合もあります。

また、代表的なベンダー認定資格としては、マイクロソフトのMCP、シスコ・システムズのシスコ技術者認定などが挙げられます。一方、特定のベンダーに依存しないことをベンダー中立(ベンダーニュートラル)と表現します。例えば、情報処理技術者試験などはベンダー中立です。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED