LPIがLinux技術者認定試験(LPIC)レベル3プロlpi- 303 Security試験をスタート


LPIがLinux技術者認定試験(LPIC)レベル3プロlpi- 303 Security試験をスタート
LPIがLinux技術者認定試験(LPIC)レベル3プロLPI- 303 セキュリティ試験をスタート

日本市場の需要に応じてセキュリティ試験を開発されました

Linux技術者認定組織の特定非営利活動法人(NPO)LPI-Japanは、日本(エルピーアイジャパン代表取締役社長:成井 玄)は、2009日2月28日からLPIC最高レベル資格となる「LPICレベル3試験」のプロ試験である「LPIC-3プロLPI- 303セキュリティ 」配信がスタートということを発表しました。

LPICレベル3の試験は、エンタープライズレベルでの仕事ができる技術者を認定することを目的とする、様々な分野で高いプロスキルを認定していくものです。更に現在の企業にとってはセキュリティ対策の実施、及びITシステムの構築が非常に重要なことになっているうちに、IT業界の需要に応えて、「LPICレベル3セキュリティ」との試験を新たにスタートします;日本市場の需要を満たすために、特にこの試験を開発された。試験内容については、日本OSS推進フォーラムのセキュリティTFの協力を頂いて、必要とされるセキュリティの最新スキルを盛り込んでおります。

LPICレベル3のプログラムは、 「LPICレベル3コア 」を基本認証として、「303セキュリティ」試験に合格したら、「LPIC-3プロLPI- 303セキュリティ」認定資格者としてIT業界で活躍できるようになっていきます。

LPIでは、LPICレベル3試験の301試験、302試験を2007年からスタートしました。しかも、今度は「302Mixed Environment Exam」に次いで、2番目のプロ試験とする「LPIC-3プロLPI- 303セキュリティ」を2009年2月にリリースしていくものです。

レベル3の受験者人数は、前年度と比べたら、約500%増えてきました。かなり人気がありそうです;経済は不景気で、就業競争が激しくて、自身の競争力を上がるために、資格試験の参加者が多くになっています。

「LPIC-3プロLPI- 303セキュリティ」の出題範囲の傾向は次の通りと発表しましたので、受験準備用書籍を買いたい方にとって、選択ポイントとして活用できると思います。

暗号化の技術(OpenSSL、GPG、ファイルシステムの暗号化等)

アクセスコントロール(SELinux等)

アプリケーションセキュリティ

(Apache、Mail service、OpenSSH、MySQL、Syslog、FTP等)

・システムセキュリティ

・実用面の強化

・ネットワークセキュリティ等


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED