ITIL Foundation認定試験対策FAQ(試験料含み)


ITIL Foundation認定試験対策FAQ(試験料含み)
ITILファンデーション試験について数多い問い合わせを受け付けましたので、ITILファンデーション資格取得を目指す方々に向けて、よくある質問と回答をまとめてFAQにしました。個人で作成してたもので、内容や対策方法の妥当性など保証することはできませんが、ご参考になれば幸いです。

Q. ITIL認定資格とは何ですか?

A. 英国政府OGC(Office of Government Commerce)認定のITIL資格です。試験はEXINやISEBなどの団体により提供されています。2006年12月現在、日本で実施されているのはエントリー資格のITILファンデーション試験とITILサービスマネージャー試験です。ITILプラクティショナの試験についてはまだ準備中です。

Q. ITILファンデーションを受験するにはどうしたらいいですか。

A. 基本的には直接に試験を受ける方法と対策講座を受講し、講座修了と同時に試験を受ける方法があります。

直接に受ける場合は、R-PROMETRICから申請できます。画面の指示に従って、「IT系資格試験」メニュー→「試験予約」→「認定試験」では「Exin」を選び→試験科目では「EX0-1100J / 60分 / ITIL ファンデーション」を選択すれば受験予約完成です。受験料は18,900円(税込)です。後払いもオーケーです。(方法や試験料が変わった場合はお知らせてくださればありがたいです)

試験対策講座はitSMF Japanの会員であるHP社やプロシード社により提供されていますので、それで試験を受ける場合は20万円ほどの高い料金を支払うことになります。ITサービス業界に勤めていれば、会社に受講費用を負担してくれることもありますので、関連部門にお問い合わせください。自腹で受験する場合は、独学で試験だけを受けることをおすすめします。

Q. ITILファンデーションの試験形式は?

A. 試験時間は60分、出題数は40問です。出題形式は多肢選択式で、Yes/Noの2択から5択までの形式があります。全体の65%以上正しく解答しないと合格できません。

Q. ITILファンデーション試験の合格率は?

A. ITILトレーニング- ITIL FAQVSによると、ITILファンデーション試験の合格率は85%ぐらいです。そのほか、ITILプラクティショナ試験の合格率が65%くらい、ITILサービスマネージャー試験の合格率が55%くらい、ITILサービスデリバリ試験の合格率が65%くらいだと掲載されています。

Q. ITILファンデーションの試験範囲は?

A. ITILファンデーション試験の出題範囲はテキストにあります。2006年12月現在では8冊のテキストが発行されています。『サービスサポート』と『サービスデリバリ』の「ITサービスマネジメント」に記載されている内容が主要な知識範囲となります。主にこの2冊で定義されている10のプロセスと1の機能についてです。

Q. あなたのITILファンデーションを合格したときのバックグラウンドは?

A. 2004年6月でITILファンデーション試験を受けました。当時はまだ英語試験しか提供されていなかったので、英語で解答しました。85%を正しく解答できたら合格することでした。私は文系大卒で入社2年目に入ったところで、ITインフラストラクチャー部門でシステムエンジニアとして働いていました。受験準備のために6時間くらい勉強しました。短時間だったけれども、周りに受験したことのある友達がいましたので、彼らからの情報を参考にして受験のポイントに気をつけて前日に詰め込んで合格を取れました。ですから、ITILファンデーション資格認定試験を受験するにあたって留意すべきポイントを把握しておけば、初心者でも短時間の勉強で合格できると言えます。

Q. ITILの最新情報を知りたいんですが?

A. 雑誌「日経コンピュータ」の特集などによく掲載されていますので、できれば定期購読したほうがいいと思います。itSMF Japanなどに開催されるイベントで国内外の事例やITIL V3(ITILリフレッシュ・プロジェクト)についての関連情報をゲットすることもできますので、参加してみることをおすすめします。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED