範囲を含めccnpに関するサイトと勉強方法を紹介


範囲を含めccnpに関するサイトと勉強方法を紹介
勧めサイト:

CCNPを考えている方への推薦ウェブサイトをご紹介します。

「http://www.infraexpert.com/study/」

「ネットワークエンジニアとして」

教材で勉強して不明な知識があって困っているとこのサイトに助けを求めます。役立てる情報をたくさん整理して記載しています。

「http://www.ccstudy.org/」

「CCstudy」

コマンドの意味を一つずつ書いています。その他の出力内容も詳しく記述しています。debugの出力の調べにも便利です。とてもいいサイトです。

「http://atnetwork.info/」

「@network Cisco・アライド実機で学ぶ」

ジャンル分けされて記載していますので、ピンポイントで調べやすいです。便利ですCCNPの範囲も記述して便利です。

勉強方法:

しっかり理解することは大事です。その為に、不明な事、曖昧な箇所を全て徹底的に解決ししなければなりません。まぐれなどを期待できません。なぜかというと、そんなところこそよく出てきます。また、練習する時、わかっているそうですが、類似なコマンドが不正の選択肢として出でくると、どちらが正しかったか間違いやすいです。

あと、ICND1は必ず問います。telnetとsshの特徴、syn/ack、カプセル化などです。これらはサービス問題です。迷わずに回答し、すぐ次の問題へ行くべきです。

そして、通信の基本がわかると、ICND2の範囲(ルーティング、ACL、NAT、WAN)がマスタしやすいです。まずは、ICND1の範囲をしっかり勉強します

勉強するにITpro「http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070619/275208/」を薦めます。

また、CCNAの範囲がしっかり把握するとCCNPの範囲も簡単に覚えます。もし上のコースを目指す方は、今の内から「試験ポイント」だけは足りないで本質まで把握したほうがいいと思います。

そして、あくまでネットワークの資格ですので、application層の部分は、大体の動作概要くらいを分かれば、問題ないと思います。

試験の感想:

Cisco試験は難しいです。ただ、一つをしっかりマスタしていれば、全てマスタできると思います。

また問題中に、上位コースの範囲に属するコマンドや出力内容が出てきます(間違う選択肢として)。きちんと勉強すればそれでも全く分からない部分は、99パーセント間違ったのです。選択しないように注意したほうがいいです。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED