研修で公認情報システム監査人(CISA)に短期合格


研修で公認情報システム監査人(CISA)に短期合格
研修で公認情報システム監査人(CISA)に短期合格

仕事をしながらCISAを勉強する

「最低限の時間で簡単に」資格を獲得したい人のための資格学校です。

CISAの短期合格を目標としているならの資格獲得する専門学校です。

◎仕事をしながら講座で勉強する人は80パセントを超えています!アビタスのCISA(R)講座

◎学校に通って受講するのは当たり前ですが、DVDやe-learningによって勉強できる通信教育もあります。

学校は、一番近い駅から歩いて5分もかからない便利な場所に位置し、新宿本校・銀座校・大阪校、そして京都校、神戸校、名古屋校、広島校は現在催しています!仕事が終わったら、是非行って見てください!!

CISA(R)(公認情報システム監査人)は何でしょうか?

CISAは情報システムの監査と、安全、制御に関連するレベルの高い知識、ノウハウおよび経験を持っているエキスパートとして ISACA( The Information Systems Audit and Control Association, Inc. ;情報システムコントロール協会)が認定する国際資格で、日本語では「公認情報システム監査人」と言います。

情報システム監査に関するエキスパート資格としては、世界において一番歴史のながい、また一番国際的に普及している資格です。今、このCISA(R)(公認情報システム監査人)の資格を持っている人は、全世界で約35,000人、日本では約1,100人がいます。

※ISACA は、1967年に設けれれ、世界中において70ヶ国以上に支部を有し、今では、メンバー数は50,000人を超え、みんなそれぞれ国際社会で活躍しています。

資格を獲得するアビダスでは、今、「公認情報システム管理人研修コース」を行っています。無料で参加できます。

■アビタスの公認情報システム監査人(CISA)講座

“参加する人に無料で?ISA公認情報システム監査人試験ガイドブック&問題集?i2,100円)を贈ります。

そして、受講料の優待価格案内資料を差し上げます。

※一番大事なことは、自分で研修コースに参加して見てから、CISAの意味・獲得するまでのプロセス・勉強法および獲得してからの目標などについてよく考えて、よく分からないところをはっきりしてから勉強法を決めたほうが適切だと思います。

ご心配なく、多忙で研修コースに参加できない人に対しては、無料で研修コースの資料を差し上げます。

■アビタスの公認情報システム監査人(CISA)の資料請求について

“資料には上述した研修コースのDVDを添付しますよ!”

CISAの試験概要

・合格率・・・約50%、(実はそんなに難しいものではありません。ちゃんと勉強をすれば合格できます)

・試験のタイプ・・・200問の4問択一式で、4時間くらい掛かります。

・受験のスケジュール・・・試験のスケジュール 毎年2回、原則として6月、12月の第2土曜日に全世界同時に行われます。

・合格の基準・・・200〜800までのスケールドスコアに換算され、合格ラインは450以上になります。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED