LPICについて説明(概要、難易度)


LPICについて説明(概要、難易度)
Linux Professional Institute Certificationを略してLPICであり、「エルピック」と読みます。Linuxのアプリケーション技術についての資格認定です。LPI(Linux Professional Institute:Linuxプロフェッショナル協会)がその認定試験を実施しております。

LPIC認定には、レベルの高さに応じて、レベル1〜3という段階があり、数字が上がっていくごとに試験難易度は難しくなります。

更に、各レベルに応じて試験の内容が2種類ずつに分かれます。 レベル1なら「101」「102」があり、 レベル2なら「201」「202」があります。なお、レベル3に関しては、もう少し細かい区分けがあるようです。 例えば、レベル1の場合は、「101」の方は基礎的な知識を判定し、「102」の方はもっと幅ひくの知識を判定するようです。 確かに「101」と「102」は別々の試験になっていますが、同じ日に両方受験することが可能です。それに最も重要なのはLPICレベル1認定を取得するために、「101」と「102」その両方の試験に合格することが要求されています。なお、大体の合格率は60%程度があるそうです。

ただし、Linuxを全く触ったことのない人であれば、試験勉強には時間がかかります。

では、まずLPICの参考書などを立ち読みして、興味がもてるか確認してみましょう。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED