CCNA試験出題範囲が改定されました


CCNA試験出題範囲が改定されました
初心者レベル相当のCCNA認定受験者のネットワーク技術をより正確に評価するために、CCNA640-801試験は、いままでのCCNA640-607試験に代替し、新しく改定されました。

改定された出題範囲として、WAN,VPN(仮想プライベートネットワーク)、LANの機能や動作、Cisco IOSの基礎知識、SAN(ストレージエリアネットワーク)に対しての理解が要求されています。

その他には、CCNA出題範囲に含まれる主題として、ルーティングおよびスイッチングの技術とプロトコル、IPアドレス割り当て、Cisco CLI(コマンドラインインターフェイス)もあります。

実際的な業務能力を評価するのは、CCNA認定の出題範囲と試験問題の目的です。そのため、シミュレーション問題に焦点を当てています。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED