MOUSの読み方について


MOUSの読み方について
MOUS(MOS)について、わかりやすく解説します。

パソコンを利用する時に、よく目にした略語がたくさんあります。例えば、ADSL、BBS、HDD。

ところで、これらの略語は何の意味でしょうか。

では、説明します。BBSは、Bulletin Board Systemの略称で電子掲示板の意味です。 ADSLは、Asymmetric Digital Subscriber Lineの略称で非対称デジタル加入者線の意味です。 HDDは、Hard Disk Driveの略称でハードディスクドライブの意味です。

以上の内容はもうわかっていた方であれば、相当なIT通だと思います。

現在の日本ではこのような略称は多く存在しているようです。一般的に使用された略語を含めて、かなりの数があります。

資格試験についてよく疑問されたのは、MOSとMOUSの区別が何でしょうか。それでは、その試験を受ける前に、この略称を紹介します。

この試験は、マイクロソフト社により実施されたMicrosoft Office User Specialistという資格認定です。英語の名称から、頭文字をひとつずつ取って「MOUS」という正式な略称になりました。

だが、「MOUS」の読み方について、よく「マウス」と読んで、マウスを使った試験だと誤解されました。そこで人々に解りやすいために、2003年に「MOUS」という略称は「MOS」に変更しました。ですので、「MOS」と「MOUS」は実に同じ資格試験なのです。

ただし、マイクロソフト社は「MOS」を正式な略語と公認していませんはでした。すなわち、「MOS」を正式に使えません。そのため参考書や会場、認定講座などでは必ず「MOUS」を使っています。

なお、履歴書に資格を書く時も同じで、「MOS」を使えません。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED