LPIの有効期限が10年から5年に変更


LPIの有効期限が10年から5年に変更
Linux認定資格LPIの有効期限が、従来の10年から5年に変更されました。以前に認定された資格が無効になるということではないですが、実際は新しい資格の更新が求められています。再認定が期限内に同じレベルの試験あるいは上位試験に合格することで更新されます。

注意しなくてはならない点は、この政策は新規に参加する方に適用することだけではなく、「2003年9月2日以降に認定された方全てに摘要される」との事なので、過去資格に習得した方が資格の有効期限、更新時期と再勉強をもう一度考えなければならないです。

試験にはまだいろいろな不完全な点がありながら、最初10年の有効期限と認識された資格は5年に変更されつつも、重要性を軽視してはいけない、まだ前の通り、再勉強しなけらばならないね。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED