Linux教科書 LPICレベル1 (模擬問題)


Linux教科書 LPICレベル1 (模擬問題)
 Linux教科書 LPICレベル1 第2版 単行本(ソフトカバー)



この本はベストセラー受験参考書として、最新の試験傾向にあわせてパワーアップをさせます!

LPICは、注目度の高い、Linux技術者の認定試験です。それにLPICレベル1は、エントリーレベルとして大人気であります。2006年3月まで日本国内でのLPIC受験人数は累計して5万5,000人に達しました。その中でLPICレベル1認定を取得した人数は1万5,000人を突破しました。今までのLPICレベル1認定試験では、RPMテスト、或いはDPKGのパッケージ管理のテストをひとつ選択して受験すればいいでしたが、今年の春からは、両テストが統合されました。これによって、今後は両方のパッケージ管理の知識が必要となります。

では、本書についてご紹介致します。

その本のデータベースによると、『本書は、LPI認定(Linux Professional Institute Certification)の「LPICレベル1」資格試験合格のための学習書であります。101試験(Linux一般1)と102試験(Linux一般2)の2科目に対応しています。“わかりやすい解説”、“力試しの練習問題”、“仕上げの模擬試験”という学習ステップがあります。』

確かに当商品は、上記の両テストに対応している上に、最新の試験傾向に合わせ、解説、模擬問題などが書かれたものであります。最近、Linuxの基礎知識がなくてもLPICレベル1認定の取得を目指す初心者が増えているそうです。これに着目し、本書は更に勉強しやすいような解説の内容を見直しました。実際業務でLinuxに携わっている方はもちろん、Linuxを触ったこともない初心者でも、使える試験対策の一冊です。これで、確実に効果的な試験勉強ができます。

 LPICレベル1の最新受験参考書としては、受験者から圧倒的な支持を集めました。

なお、本書は中島能和、濱野 賢一朗によって書かれたものです。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED