ccnaというベンダー資格及び合格ライン


ccnaというベンダー資格及び合格ライン
会社の上司から、CCNAの認定資格を入手してくださいと指示されました。会社に教育される僕自身もそれに興味を持ってるので、受講することにしました。それで、専門先生に知識を教えていただきました。会社の方針によって、5日の教育課程を4日に入れられて、ラストディに試験を受けることになりました。なので、気が進まぬまま勉強しました。内容が多すぎて、タイヘン気分が悪くなりそうでしたが、泊まるビジネスホテルに帰っても休まずに続けて復習しました。

最終、一所懸命勉強しましたから、一気に受かりました。満点は1000ですが、924点取ってました、850の合格ラインよりずいぶん余裕があるでしょう。試験中に、難しくて意味が分からない質問もありますので、心配しましたけど、ようやく合格できて嬉しかったです。

認定試験の勉強に、IPアドレスやサブネットマスクなどのことは僕にとってタイヘン理解しにくいものです。サブネットマスクについて、最初理解するよう努力しましたが、大失敗でした。その後、友達と飲みに行くことをきっかけに、パソコンでもう一度最初から勉強しまして、ようやくわかるようになりました。実際はそんなに難しいものではないですが、やっぱり完全に理解できるまでにはタイヘン苦労でした。そして、受験のとき、IPアドレスについての質問が4問あり、事前に充分理解しましたので自信を持ってやりました。

その他、もう一つ重要な課題はCISCOルータとCISCOスイッチ操作です。試験の主題範囲になるので、ちゃんと理解しないといけないです。これが難しいから、あまり分からないと、問を回答するのは非常に時間がかかります。それで、他の問題を答える時間が足りなくなる恐れがありますので、合格するように、試験前にちゃんと理解する必要があります。

でも、CISSCO製品は高いものですので、個人的にお金を出して買うのはちょっと無理だと思います。だから、もし会社などでそのような機械があれば一番いいんだと思いますが、なかったら、シミュレータを購入するようと、僕が紹介します。本体とそれのガイドを一緒で買ったら、計24000円ぐらいがかかりますが、それによって実技部分を把握することができます。勉強する時間が少ないので、毎日数時間をかかって勉強しないと試験に受かるのは難しいと思います。このシミュレータは実機にかなり近い性能を持ってるので、それをぜひとも紹介したいと思います。


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED