lpiレベル2認定201試験の出題範囲


lpiレベル2認定201試験の出題範囲
201試験紹介

lpi Level2に認定されるためには、このテストに合格しなければなりません。Linuxのすべてのディストリビューションにわたって共通する、Linuxのプロになるため必要となる高度な技能スキルの証明となります。

目標:201試験

テーマ:Linux Kernel

201.1 Kernel Structure

201.2 Kernel Compilation

201.3 Application of Kernel Patches

201.4 Custom KernelおよびKernel Moduleのセットアップ、改造、構築

201.5 実行時におけるKernelとKernel Moduleの照会管理

主題201:Linux Kernel

201.1 Kernel Structure

重要度: 2

説明

特定のハードウェア、ハードウェアドライバ、システムリソースなどに求められてKernelの要素を利用する。異なるKernel Imageをインプリメントすること、Kernel Moduleを利用すること、ステーブルバージョンまたはベータバージョンのKernelとPatchを区別することなども範疇に入っている。

主な知識範囲

Kernel2.6.xのドキュメント

重要なファイル、用語、Utility

/usr/src/linux

/usr/src/linux/Documentation

zImage

bzImage

201.2 Kernel Compilation

重要度: 2

説明

Linux Kernelの設定を変えることによって機能をセーブしたり、キャンセルしたりする。Linux Kernelのコンパイルまたはリコンバイル、initrdイメージの作成、新しいKernelへの書き込み(更新や変更など)、新しいKernelのセットアップなども範疇に入っている。

主な知識範囲

/usr/src/linux/

GRUBの構成ファイル

Kernel2.6.xのmakeオプション

重要なファイル、用語、Utility

mkinitrd

mkinitramfs

make

make option(config、xconfig、menuconfig、oldconfig、cloneconfig、prepare-all、mrproper zImage、bzImage、modules、modules_install)

201.3 Application of Kernel Patches

重要度: 1

説明

Kernelに適切なパッチ当てによって新しいハードウェアのサポートを追加することができる。そのうえ、既にパッチが当てられでも不要ならば削除することができる。

主な知識範囲

KernelのMakeファイル

重要なファイル、用語、Utility

patch

gzip

bzip2

201.4 Custom KernelおよびKernel Moduleのセットアップ、改造、構築

重要度: 2

説明

2.6 Kernelを特定のシステム要件に満たせるために、コンパイル、パッチ当て、設定ファイル編集など必要な操作を行って、セットアップ、改造そして構築する。Kernelをコンパイルする要件、Kernel Moduleの設定と構築する要件を評価することも範疇に入っています。

主な知識範囲

現在のKernel構成を改造する

新しいKernelおよび適切なKernel Moduleを構築する

新しいKernelおよび必要なModuleをセットアップする

BM(Boot Manager)が新しいKernelまたは関連付けられたファイルを探せるようにする

/usr/src/linux/

Moduleの構成ファイル

重要なファイル、用語、Utility

patch

make

Moduleツール

/usr/src/linux/*

/usr/src/linux/.config

/lib/modules/kernel-version/*

/boot/*

makeのターゲット(all、config、menuconfig、xconfig、gconfig oldconfig、modules、install、modules_install、depmod、rpm-pkg、binrpm-pkg、deb-pkg)

201.5 実行時におけるkernelまたはKernel Moduleの照会管理

重要度: 3

説明

2.6.x kernelとそのロードできるModuleについての照会・管理ができる。

主な知識範囲

Command-Line Utilityを使って実行時におけるKernelとKernel Moduleに関する情報をゲットする。

Kernel Moduleを手動でロードまたはアンロードする

Moduleをアンロードできるタイミングを判断する

Moduleが受け取るParameterを判断する

Moduleをファイル名ではなく別の名前でloadできるようにシステム設定を行う

重要なファイル、用語、Utility

/lib/modules/kernel-version/modules.dep

/etcにあるModuleの設定ファイル

/proc/sys/kernel/

depmod

insmod

lsmod

rmmod

modinfo

modprobe

uname


相関記事:




IT 資格 1 2 3
該当ウェブサイトはCisco Systems, Inc.、Microsoft、Oracle、CompTIA、Linus Torvolds,或いは他の認証機関が自社出資で開発するものではないし、他社に依頼して開発する物ではない。勿論、それらの集団の傘下に入るものではない。それに各集団は各自の商標だけ登記している。 例えば: Cisco Systems, IncはCisco™とCiscoシステム登記商標。Windows™のほうはMicrosoft登記商標。CompTIAはA+™、Network+™とServer+™と言う登記商標です。即ち:ここでリストした登記商標が各自の所有者に属するだけです。
COPYRIGHT © 2018 CERTCHOICE.NET ALL RIGHTS RESERVED